パソコンの掃除

お使いのパソコン。掃除していますか?

以前、起動しなくなったパソコンを開けたら埃まみれで、掃除したら起動するようになった事案もありました。

パソコンショップや家電量販店で専用の掃除グッズを揃えるも良し、百均で揃えるも良し、既にある物を使うも良し、です。
電源を落とし、コンセントを抜いて始めましょう。

本体外側

外側が汚れていても動作に支障を来す事はありませんが、見た目は大事です。
手の掛かる汚れは無いはずです。
ホコリをはらい、きつめにしぼった柔らかい布で拭くだけで十分です。

本体内部

一般的なパソコンは空気を吸い込んで内部を冷やします。そのとき、ホコリも一緒に吸い込みます。
このホコリが溜まると正常に動作しなくなります。

ノートパソコンは外側から目立つ埃を掃除機で吸い取るくらいしかできませんが、ケースを開けて掃除が出来るデスクトップパソコンは、開けて掃除してみましょう。

ホコリが酷い場合には発火の危険もあります。
そこまで行かずとも、ゴ●ブリがパソコンの中に卵を…とか、パソコン開けたらネズミの糞が…とかはたまに聞く話です。

いきなり「じょうじ 」とか出てこられたら戦争になる(笑)ので、綿埃、砂埃を掃除機で吸い取り、エアーダスターで吹き飛ばして下さい。

順番は「吹く前に吸う」です。
逆にすると舞い散って余計な掃除が増えます。

竹串等の先の細い物で、ファン 放熱フィン にくっついたホコリを剥がしつつ吸います。
ブラシ付きノズルは静電気を発生する場合があり、故障の危険があるので使わない方が良いです。

内部掃除の際は、水気と静電気に注意して下さい。
メモリや拡張カードの端子を見ると、つい「フッ」と息を吹きかけたくなる貴方、錆の原因となるので、お控え下さい。

関連記事

任天堂がファミコンのカセットに息を吹きかける行為を控えるように呼びかけ、ニンテンドーDSなどでも故障の原因に  GIGAZINE

ディスプレイ

パネルやコーティングは傷付き易いので、可能な限り専用クリーナーを使う事をお薦めします。
無い場合は、乾いた柔らかい布で表面を軽く撫でるようにして埃を取って下さい。
それでも取れない皮脂汚れ等は、きつめに絞った柔らかい布で水拭きして下さい。
画面は傷付き易いので、慎重にお願いします。
画面以外の他の部分は雑巾で水拭きすれば充分です。

キーボード

肌の弱い方は、キーボードの汚れが手荒れの原因になります。
隙間に溜まった埃は掃除機で吸い取るか、エアーダスターで吹き飛ばして下さい。
キーを全て外して洗ってくださっても結構ですが、並び順は憶えておきましょう。
面倒な場合は、キートップの手垢を水拭きするだけでも大分違います。

マウス

キーボードと同じく、マウスの汚れは手荒れの原因になります。
最近はほぼ光学マウスをお使いと思いますが、昔のボールマウスの場合、内部が汚れているとボールが転がりませんので、正常にカーソルを動かせなくなります。
中のローラーに、黒い粘土のようなものがへばりついていたら、先の細い物で剥がして下さい。
光学マウスをお使いの場合は、外側を水拭きするだけで充分です。

定期的にパソコンの掃除をしてみましょう。

お見積りのご依頼・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

電話番号 053-465-1555
受付時間 平日9時~12時、13時~17時
担  当 インフラ/ネットワーク構築支援 担当