TDS-16489U-SA1 HDD同梱

Hyper-converged
TDS-16489U-SA1
TDS-16489U-SA1

TDS-16489U-SA1 HDD同梱

30名規模のチームで利用する高性能アプリケーションサーバ、大規模(VM30台以上)仮想環境インフラとして(ラックマウント型 16ベイ 3U、高速12Gbps SASドライブ、デュアルIntel Xeon E5 CPU、1TBまでメモリ拡張可能)
同梱HDD 14.4TB / 28.8TB

ハイパーコンバージドNAS
ストレージサーバ+アプリケーションサーバ
3.5/2.5inch 12Gbps SAS HDD/SSDを搭載して内部ストレージにゲストOSからのデータを高速に転送することができます。
無償の仮想環境(Virtualization Station, Container Station)を用いてサーバを集約できます。

HGST社のEnterpriseクラスを搭載

HDD
保守
保守サービスについてはこちら
設定・設置のご相談も承ります。お気軽にお問い合わせください。
価格 ¥2,701,700(税別)
数量
お電話でのお問い合わせ:053-465-1555
(平日 9時~12時、13時~17時)
お支払いについて

クレジットカード、銀行振込がご利用いただけます。

対応カードブランド・カード会社一覧

VISA、Mastercard、JCB、AMEX、Diners、ディスカバーの国際ブランド含む30社以上のクレジットカード会社に対応しています。


お支払い方法など、詳しくは「特定商取引法に基づく表示」をご確認ください
送料について

日本国内全国一律送料無料

お届け時期について

通常、二か月以内に発送いたします。
(年末年始、その他連休はこの限りではありません。)

特徴

Intel Xeon E5-2620 v3 6-core processorを搭載
4x10GbEを標準搭載、12Gbps SASドライブに対応していて、データ転送を高速化
SSD/SAS/SATA混在時にデータを自動階層化。ストレージ効率性をQTier技術で最適化します
無償の仮想環境(Virtualization Station)、無償のDocker、LXC環境(Container Station)
ボリュームとLUNのスナップショットで復元を簡素化
拡張エンクロージャでシームレスな容量拡張(最大8台まで)

ビッグデータ解析

積極的に Python 等のオープンソースを活用して、効率的にビッグデータ解析を実現します。
Hadoop 等の分散処理技術を駆使して、ビッグデータ解析を現実的な時間で完了させます。

 

【弊社の事例】ディープラーニングによる画像認識アルゴリズムの誤差の分析

事例のアルゴリズム:Segmentation
使用サーバ:QNAP(TDS-16489U)
※場面に応じて、AWSと使い分け

全画像データの全ピクセルの誤差をデータベース化
データベースの全レコード数 10億件
全データサイズ 0.5TB
処理時間(分散なし) 20.5時間
処理時間(分散あり) 6.8時間

 

⇒ 分析結果を次の日のディープラーニングに即フィードバック

ユーザーの声

Intel® Xeon® E5-2600 v3 ファミリプロセッサ(最大8コア)をデュアルで搭載しており、GPUの活用もできるので処理能力が必要とされるビックデータ分析などのディープラーニング用途で利用しています。また大容量メモリ(最大1TB)もサポートされているので、並列処理が必要な高性能アプリケーションサーバとして利用しています。
ご要望、その他のお問い合わせやお見積のご依頼はこちら

仕様
HDDベイ16
対応HDD3.5" SAS 12Gbps, SAS/SATA 6Gbps, 2.5" SAS/SATA SSD
同梱済みHDDHGST社 Enterprise Class 2.5" SAS 12Gb/s 10000RPM
メモリ64GB ECC
CPUIntel Xeon 4-core Processor E5-2623 v3 (10M Cache, 3.00 GHz, 4-core)
ネットワークI/F4 x SFP+ 10GbE ports, 2 x Gigabit ports
外形サイズ130.8 (H) x 444 (W) x 744 (D) mm
重量22.42 kg (HDD非搭載時)
その他ラックレール、ミニSAS拡張カード付属

関連商品